スマホをカード決済端末にする「Square」三井住友カード株式会社提携

スマホをカード決済端末にする「Square」

スマートフォンを使ったクレジットカード決済システムを提供するSquare株式会社は、対応するクレジットカードを拡大し、11月11日よりアメリカン・エキスプレスの取り扱いを開始すると発表した。すでにSquareを導入している事業者も追加手続き不要で取り扱い可能。手数料は、1回の取り引きにつき一律3.25%。

Squareは、iOS/Andoridスマートフォン/タブレット端末に取り付けた「Squareリーダー」でクレジットカードを読み取り、「Squareレジ」アプリで決済処理をする仕組み。個人事業主の店舗でも簡単に導入できるのが特徴。日本では今年5月にサービスを開始しており、これまでVisaとMasterCardに対応していた。

この四角のカードリーダーは全国のローソンで980円で販売されている。最近まで個人がカード決済を契約できるサービスはなかったが、このようなサービスをりようして屋台やフリーマーケット、個人時事業を行うすべてにカード決済が広く可能になった。

面貸し美容師で興味のある方は見てみてください。

 

Square株式会社

米国Square,Inc.と三井住友カードが戦略的業務提携の記事を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です